Kamakura婦人

リコーダーの歴史

リコーダーの歴史

リコーダーというと一般的には「小学生がピ~ピ~吹いているたて笛」として知られています。
実はこのたて笛は歴史がとても古く、起源は中世のヨーロッパにまで遡ります。
ルネサンス時代を経てバロック時代には花形楽器として活躍しましたが、18世紀後半以降は横吹きのフルートの台頭により衰退していきました。
20世紀に入ってから研究者らによって再びリコーダーが注目されるようになり、教育楽器としても取り入れるようになりました。

現在では気軽に取り組める楽器として、多くの人達がアンサンブルを楽しんでいます

CONTACT

アイルランドの楽器、楽譜、CDの通販専門店
「アーリーミュージック・プロジェクト」←クリックしてみて下さい♪

PAGE
TOP